江東区 大島 亀戸 小児科 アレルギー科 予防接種 乳幼児健診

アレルギー科

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎、花粉症などの診療を行います。
ご本人の症状とその経過、ご家族のアレルギーの状況などをうかがいつつ必要に応じて検査や治療を、そのタイミングも含めて相談しながら診療を進めて参ります。

気管支喘息

気管支喘息は喘鳴や咳などを特徴とする呼吸器のアレルギー疾患で、子供の時期だけにさまざまな頻度で発作を繰り返し、大人になるまでに症状が落ち着いてしまうものを特に小児喘息と呼ぶことがあります。
多くはダニやハウスダストなどの吸入抗原に対するアレルギーの反応によりある種の白血球から化学物質が遊離されることをきっかけに気管支の平滑筋が攣縮して、その結果、内腔が一時的に狭くなって症状が起こります。

治療薬は吸入薬や内服薬の他、徐放性の貼り薬や時には注射薬などさまざまな投与法があり、薬剤も抗アレルギー薬、副腎皮質ホルモン、β-刺激薬、キサンチン製剤などさまざまなものがあります。
これらの治療薬の選択は高度に専門性が必要であり、安易な自己判断は避けたいものです。

治療は喘息発作の発症予防の薬剤(コントローラー)と発症した喘息発作の症状を緩和する薬剤(リリーバー)があります。治療には個々の患者さんの経過やご家族のアレルギーの情報などをトータルに考慮して治療法を決定していく必要があります。
近年は、治療法も以前よりは発達し、全体としては重篤な状態になることが少なくなってきていますが、それでも今だに死に至る可能性もあるリスクの高い病気です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は食事や環境等何らかの刺激がきっかけでアレルギーの機序により皮膚が痒くなる病気で、掻くことにより皮膚がさらに発赤したり、じくじくしたり、かさぶたができるなどの症状があります。

乳児のアトピー性皮膚炎の多くは食物アレルギーが関与しており、アレルギーになりやすい体質のある方は、ダニ・ハウスダスト・スギなどの吸入アレルゲンに対するIgE抗体も産生しやすく、そのため気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギー疾患も発症しやすいといわれています。

皮膚のケアと段階に応じた抗アレルギー薬、抗炎症薬を用いた治療が基本になりますが、かゆみを軽減して掻くという増悪因子を取り除くといったコントロールも大切です。

じんましん

じんましんは、大小様々な赤いブツブツや、地図のように形の不規則な腫れが皮膚の浅い層に強い痒みを伴って現われる皮膚の病気ですが、一般に全身疾患として取り扱われます。
通常は数分から数時間後に跡を残さず消えますが、身体のあちこちに出没することがあります。
原因としては食物や動物、薬剤、皮膚への機械的圧迫刺激、温熱や寒冷刺激、紫外線、発汗、心因性ストレスなどさまざまなものなどが考えられます。

皮膚の症状の他に、激しい咳や息苦しさをともなう場合は呼吸器でも皮膚と同様のことが起きている状態で、重症の呼吸困難・循環不全に至る可能性のある危険な状態(アナフィラキシー)です。
このような場合は、早々に医療機関にかかる必要があります。
治療は抗アレルギー薬の内服が基本となります。

アレルギー鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎の罹患者数率は近年増加し、低年齢化も進んでいます。
全身的な治療の一環として早期に対応して治療していくことで重症化を避けることが重要です。

原因としてはハウスダスト、ダニが圧倒的に多く、ペットのフケやカビアレルギーの場合もあります。 最近はスギ花粉による花粉症の患者数も増えています。

治療法としては早期から第二世代抗ヒスタミン薬(内服薬)、やケミカルメデイエーター遊離抑制薬(内服薬・点鼻薬)を使用します。
これらの治療で症状の発現時期を遅らせるばかりではなく、飛散ピーク時期の症状を軽減する効果もあります。